なるべく神経を取らないためのラバーダム | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

なるべく神経を取らないためのラバーダム

JR南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

写真11

 

なるべく神経を取らないためのラバーダムの話です。

IMG_7154 IMG_7161 IMG_7162 IMG_7163

虫歯を全部削ると、神経まで届いてしまいそうな時があります。

そのよーな時は、虫歯を多少残し、その上にダイカル(水酸化カルシウム製剤)という神経の壁を作る事を促す薬を取り残した虫歯の上に塗り、グラスアイオノマーセメント(フッ素がジワジワと滲み出るタイプのセメント)でフタをします。

これで2~6ヶ月程度寝かせて、痛みがでなければ再度削ります。うまくいけば、ダイカルの作用により二次象牙質(神経が歯の内側に作ってくれる壁)が形成され、虫歯を全部取っても神経を残すことが出来ます。

ここでラバーダムを使う目的は、なるべく虫歯を削った穴に唾液や吐く息に含まれるバイキンを入れたくないからです。手間はかかりますが、バイキンが入ったり完全に固まる前のセメントが唾液や吐く息で劣化すると、痛みが出てしまって神経を残せる可能性が低くなるのです。

 

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter