フェイスボウ+半調節性咬合器 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

フェイスボウ+半調節性咬合器

JR南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

00000000000

フェイスボウ+半調節性咬合器の話です。

001 002 003 004 28_108

フェイスボウ:顎関節と上顎歯列の三次元的な位置関係を記録する装置。

半調節性咬合器:患者さんが食事をするときの左右の顎関節の動きをおおよそ再現する装置。

フェイスボウによって、顎関節と上顎歯列の三次元的な位置関係を半調節性咬合器に写し取ることを、フェイスボウトランスファーと言います。

虫歯はなるべく進行抑制+経過観察にしているのですが、どーしても削らなければいけないこともあります。

そーゆう、詰め物、かぶせものを作る時に、フェイスボウトランスファーを行い、半調節性咬合器に模型をマウント(くっつけること)して作成することで、生体により馴染むものが作れます。

結構めどい作業ですが、当面詰め物、かぶせものを作る時はこれらのものを使ってみようと思います。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter