なるべく神経を残す為に | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

なるべく神経を残す為に

JR南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

祥吾顔写真

なるべく神経を残す為に、の話です。

IMG_5632 IMG_5624 IMG_5625   IMG_5628 IMG_5629 IMG_5630 IMG_5631 IMG_5633

奥歯の詰め物と歯の境目が虫歯になった例です。

銀歯を外すと、深いところまで虫歯が進んでいました。

神経まで進んでいる可能性を考えて、ラバーダム(歯にかけるゴムシート。神経の治療や、詰め物をする時になるべく使うことで、バイキンが入る事を防ぎます)をかけます。

カリエスディテクター(虫歯の染め出し液)で、虫歯を赤く染めだして、削っていきます。

神経に近くなると、削りすぎてズボっと神経まで突き抜ける事を防ぐために、スプーンエキスカベーターという耳かき状の道具を用いて、少しずつ削ります。

神経ギリギリまで虫歯を取りました。ダイカルという、神経が中で壁を作ることを促す薬を塗り、グラスアイオノマーセメント(フッ化物がジワジワと滲みでて、歯を強くしてくれる)で仮封をします。

このまま2ヶ月経過観察を行い、その間に強い痛みがなければ再度形を整えて詰め物をします。

なぜ、ここまで神経を残すことにこだわるのか?

神経を取ってしまうと、(文献によっても異なりますが)歯の寿命が半分くらいになってしまうと言われているからです。

なるべく削らないように、セルフケアやフッ化物洗口、フッ素塗布等で虫歯予防、進行抑制に努めているのですが、どーしても虫歯になってしまった時は、このようにしてなるべく神経を残すようにしています。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter