虫歯を削る、その前にやっておくことは? | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

虫歯を削る、その前にやっておくことは?

JR南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

祥吾顔写真

虫歯を削る、その前にやっておくことは?の話です。

虫歯と、虫歯のなりかけが多数ある18歳男性です。

001 002 003 004 005 006

ワコ歯科・矯正歯科クリニックでは、虫歯があったとしても(痛みのある時の応急処置は行いますが)、いきなり削ることはしません。

まず、染めだしと唾液検査を行い、患者さん自身にセルフケア、お口の中の虫歯菌、その他現在の虫歯リスクがどのような状態かを理解して頂きます。

その上で、穴が大きく空いている虫歯は、なるべく神経を取らないような形で処置をします。

穴が空いていない、あるいはごく小さい虫歯に関しては、フッ化物洗口、デンタルフロス、歯間ブラシ等のセルフケアと、歯科医院でのフッ素塗布を行い、進行抑制を行います。

進行抑制を行った結果、進行が止まればそれでよし。進行があいにく止まらず、規格写真で大きくなっていることが確認されるか、痛みが出てきた場合のみ削ります。

なぜいきなり削らないのか?

そもそも、セルフケアや虫歯菌等、虫歯のリスクが高い状態にあったから虫歯になったのです。

リスクを放置して、単に削って詰めてを行っても、同じ理由で必ずまた虫歯になります。

そのような「治療の繰り返し」を行っていると、計算上4回くらいで抜歯に至ります。

セルフケア+歯科医院でのフッ化物塗布により進行抑制を行うことで、虫歯の進行が止まったりゆっくりになったりすれば、上記の「治療の繰り返し」スパイラルに陥らずに済むからです。

写真の黄色印の歯は削りましたが、青印の部分は「進行抑制が可能なレベル」と判断し、削らずにデンタルフロス、歯間ブラシ、フッ化物洗口等のセルフケア、クリニックでのフッ化物塗布のみ行い、経過観察をしています。

 

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter