神経をなるべく残すために | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

神経をなるべく残すために

JR南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

祥吾顔写真-150x150

神経をなるべく残す為に、の話です。

神経ギリギリの所まで虫歯が進んでいた例です。患者さんは20代男性です。

IMG_5678 IMG_5673

一見小さな虫歯ですが、削ってみると中で大きく広がっていました。

齲蝕検知液で虫歯を赤く染め出し、機械で削ると一気に神経まで穴があいてしまうので、手作業でちまちまと取っていきます。

これ以上取ると神経に穴があく一歩手前で止め、神経を保護するセメントを敷いてから、グラスアイオノマーセメント(歯を強化するフッ化物入りのセメント)で仮の蓋をします。

虫歯が深い場合の処置は、唾液に含まれるバイキンが入らないように、ラバーダム下で行っています。

痛みが出なければ、二ヶ月後に再度虫歯を削ります。神経を保護するセメントの働きで、神経の内側に壁ができている(はず)ので、今度は虫歯を全部取っても神経に穴は(多分)あかないのです。

「はず」「多分」が多いですが、神経近くまで進んだ虫歯の神経を残そうとすると、成功率100%!とはいかないからです。

しかし、神経を取ると歯の寿命はだいたい半分になってしまうので、一手間かけても「神経が残る方に賭けて」みてもいいのではないか、と思います。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter