ラバーダムを(なるべく)かけるために | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

ラバーダムを(なるべく)かけるために

ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

祥吾顔写真-150x150

ラバーダムを(なるべく)かけるために、の話です。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックでは、歯の神経の治療時には(原則として)ラバーダムを使っています。

神経の治療時に唾液や、唾液に含まれるバイキンが神経の中に入ると、歯の持ちが悪くなるからです。

ただ、虫歯が大きかったり、治療を繰り返しているような歯の場合、クランプ(ラバーダムを抑える金属の爪)がかかる部分が無い場合があります。

001 002

そーゆう時は、写真左側の「残根用クランプ」を使い、歯肉の下までクランプの先を食い込ませるようにしてクランプをかけます。

歯肉に食い込むので、場合によっては麻酔を使うこともあります。写真でも、歯肉にクランプが食い込んだ部分が赤くなっています。

手間ですし、患者さんにも(時として)面倒をかけてしまうのですが、神経の治療時にラバーダムを使うことは、それだけの価値があると考えています。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter