富士山 須走ルート 日帰りレポート 登山(2015-0802) | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

富士山 須走ルート 日帰りレポート 登山(2015-0802)

富士山 須走ルート 日帰りレポート 登山(2015-0802)

富士山に登らぬ馬鹿

二度登る馬鹿←イマココ…

1週間前に吉田ルートから富士山に登ったのですが、山頂がガスで展望がなかったため、再度登ってきました。

IMG_0700

IMG_0718

須走口登山口(0600)~山頂浅間大社(1140)~剣が峰(1310)~須走口登山口(1630)

ルート総計14.5キロ。

IMG_0656

2週連続で富士登山。

IMG_0657

樹林帯を抜け、砂礫地に入ると、山頂がくっきりと見えます。

今日はいい天気になりそうです。

IMG_0660

ふもとは薄い雲に覆われています。

IMG_0664

本六合目を過ぎ、瀬戸館前で小休止。

IMG_0666

鈴が一杯お供え?してあります。

IMG_0668 IMG_0667

新7合目、太陽館。自然エネルギーと豚汁について熱く語っています。

「山をトレーニングの場として考えず、楽しんでください」とのこと。

確かにそうですね。景色を楽しみながら少しペースを落として歩くことにします。

まあ、3000mを超すと、薄い空気によりペースを落とすしかないのですが…

IMG_0669

山中湖がうっすらと見えます。

IMG_0673

本7合目、見晴館。

吉田ルートと違い、へばり切って座り込んでいる人や、ゲロを吐いている人、泣きながら登っている子供をほとんど見ません。

富士山の登山者の6~7割は吉田ルートと聞きます。

おそらく、吉田ルート以外を選ぶ登山者は、ある程度「山をやっている」人達で、そう簡単にへばったりしないのでしょう。

IMG_0674

遭難者慰霊碑です。手を合わせて冥福と、今後の登山の無事を祈ります。

IMG_0677

本八合目で吉田ルートと合流したあたりの写真です。雲が足元に見えて良い眺めです。

IMG_0678

九合目近辺、山小屋跡です。

IMG_0686

吉田口ゴールの浅間大社に到着!

IMG_0687

先週に続いてラーメン。インスタントですが、美味い!

IMG_0692

お鉢回り。火口をのぞき込みます。絶景。

IMG_0697

足元に雲海が広がります。

少々疲れましたが、この景色が見たかったのです。

2週連続で富士登山に出掛けるというアホなことをしましたが、来てよかったです。

富士登山のシーズンは7月~9月上旬という短い期間なのです。

IMG_0699

剣が峰手前、馬の背。急傾斜を登ります。

IMG_0700

剣が峰到着!2度目ですが、いいものです。

IMG_0701

剣が峰から、火口底が見えました。

後で調べたら、火口底に降りる人もいるとか…(公的には禁止されているようです)

うーん、なんかバチがあたりそうな…

IMG_0703

メモリがついた装置がありました。

2点間の距離を測っているのでしょうか?

IMG_0706

湧き水?が凍っています。地図上では、金明水とありました。

IMG_0709

登った後は、降りなければいけません。景色を堪能しつつ下山します。

IMG_0716

須走ルートの名物、砂走りです。

皆、砂煙を上げながら駆け下りていきます。

砂礫まじりの砂がクッションとなり、スピードも出て実に爽快です。

IMG_0715

時にくるぶしまで砂に埋まります。

この時はゲイターを持っていなかったので、テーピングでタイツと登山靴の隙間を巻きました。

IMG_0717

樹林帯では、ふもとの方向に木が傾いていました。風のせいでしょうか?

IMG_0719

御殿場駅へのバスは、シートがすべてカバーで覆われています。登山者が持ち込む砂礫対策でしょう。

IMG_3308

下山後、山中で飲んだペットボトルがベコベコにつぶれていました。気圧の差ですね。

二度目の富士山は天候に恵まれ、実に良い景色が見れました。

登山愛好家の中には、富士山は「景色が変わらず単調」「山頂が見えているのになかなか着かない苦行」と、いまひとつ人気がないようですが、私はとても楽しめました。

また富士山に行こうと思います。

 

 

 

 

 

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter