富士山 吉田ルートレポート 登山(2015-0728-0729) | 夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

富士山 吉田ルートレポート 登山(2015-0728-0729)

富士山 吉田ルートレポート 登山(2015-0728-0729)

IMG_0613

日本に生まれたからには、一生に一度は行っとくか!と、富士山に登ってきました。

ヤマノススメ(オタク向けマンガ+アニメ)に影響されたわけでは…ほんのちょっとだけ…

山頂ではあいにくガスに巻かれた上、下山ではヘロヘロでしたが、日本一の山に登ったというのは実にいい気分でした。

この1週間後には須走ルートで再度登りました。

富士山に登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿といいますが、馬鹿です…ハイ…

富士山で山は打ち止めにしようかと(最初は)考えていたのですが、結局山にはまってしまい、現在は雪山までやっております。

IMG_5238

0728。3300mの富士山ホテルまで。

IMG_5239

0729。富士山ホテル~山頂~お鉢回り~剣が峰~下山。

>0728 1日目

IMG_0526

新宿からの高速バスで吉田ルート五合目へ。

IMG_0529

五合目に着きました。

IMG_0533

弾丸登山(夕方から徹夜で登山、ご来光をみて不眠不休で下山という方法。)を諫める看板。

ヤマノススメ(漫画版)では、これであおいちゃんが敗退してました。(アニメ版では山小屋泊まりに変更されていましたが)

IMG_0537

山頂は雲に隠れています。うーん、本当に登れるのか不安…

この時点(2015-0728)での私の登山経験は高尾山と大山、塔ノ岳しかなく、2000mより上に登ったことがなかったんですね。

IMG_0540

レストハウスで富士山カレーを食べます。富士山ガイドの多くに「五合目で1時間ほど休憩し、高度に体を慣らしてから歩き始めるべし」とあったので。

IMG_0542

スタートです。心なしか表情が硬いです。

この為にわざわざクリニックを一日休診にしています。

敗退したらかなりかっこ悪いのです…もちろん、自力で下山する為には余力を残して撤退しなければならないのですが…緊張します…

IMG_0546

つづら折りの登山道に入ります。1年で30万人が登るといわれる富士山。

この付近は登山道が広いので渋滞こそないですが、こんなに登る人がいるのに驚きました。

IMG_0547

登ってきた登山道が雲に隠れていきます。

IMG_0548

荷揚げ+救護用ブルドーザー。いよいよダメとなればこれに乗って下山できますが

・疲れただけでは乗せませんよ。病気でないとダメよ。

・乗る前に、乗車賃5万円(うろ覚え)の支払い誓約書にサインしてね。

と注意書きを見ました。よほど敗退者が多いのでしょう。

実際、乗って下山している人を見ました。払ったのかなあ…やっぱり…

IMG_0549

落石防止のフェンス。

IMG_0552

ガスが切れてこれまで登ってきた登山道と下界が見えます。素晴らしい景色です。

IMG_0557 IMG_0558

7~8合目近辺は山小屋だらけです。このあたりからへばりきって道端に座り込んでいる人、ゲロを吐いている人、泣きながら登る子供というアレコレを目にするようになってきます。

気の毒ですが、登山は自己責任が原則です。私自身も薄い空気のせいか、運動不足のおっさんだからなのか、バテバテです。

こんな疲労感は、中学の陸上部で1000mのインターバル走を毎日7本くらいやっていた時以来です。

座ると立てなくなるのではという不安から、半歩づつゆっくりゆっくり登っていきます。

止まらなければ、いつかは今日の宿泊地、富士山ホテルに着くはずです。

IMG_0561

山小屋の前のベンチで休憩。雲と同じ高さにいます。

IMG_0563

雲よりも高く登り続けます。

IMG_0564

救護所。一般の富士登山シーズンは7月~9月ですが、毎年2~3人はお亡くなりになるとのこと。(冬富士は別カウントのようです)

IMG_0565

登山口付近までよく見えます。

確かこの写真を撮ったのは3200mくらいでしたが、皆カタツムリのような速度で登っています。

IMG_0568

ジュース1本500円!カップ麺は400円!

荷揚げの手間を考えると、まあこんなもんなんでしょう。

IMG_0571 IMG_0570 IMG_0575

今日の宿泊地、富士山ホテル(3300m)に到着!死にそうな顔をしています…

1030に登り始めて、1500くらいに到着しました。

後で調べたら、あおい達もここに泊まってるんですね(アニメ版)。

IMG_0573

気温は10度。下界は30度近かったと記憶しています。

初の山小屋泊ですが、狭かった…寝る場所の幅が約50センチしかなく、隣の人と肩が触れ合いながら眠るしかありませんでした。

まあ、富士山はどの山小屋でもこんなもんらしいですが…

0729(2日目)

IMG_0580

夜中の0230。ヘッドランプを装備し、ご来光を見るために山頂に出発します。

IMG_0584

アメの袋が気圧の差でパンパンに膨らんでいます。

IMG_0587 IMG_0586

夜間登山なぞ初めてだったのですが、ヘッドランプを装備した登山者の列が山頂まで続き、要所には案内のスタッフ(?)がいて、迷う心配はありませんでした。

IMG_0593

0330くらい。山頂に着きました!

IMG_0598

ご来光は雲に隠れて見えず。真冬並みの寒さの中、ガタガタ震えながら1時間程待ったのですが…残念。

IMG_0600

闇の中、うごめくヘッデン(ヘッドランプ)。

IMG_0602

あまりの寒さに山小屋でインスタントラーメンを。あったかい!美味い!

世には添加物とかを親の仇のごとく嫌うフードファディストと呼ばれる方々がいますが、うまいもんはうまいのです。

IMG_0603

ラーメンを食べ終わった時点で0600。下山には十分時間があるので、せっかくなのでお鉢回り(約2時間)までやることにしました。

途中で剣が峰(3776m 富士山最高地点)にも立ち寄れます。

とある方がヒマラヤのマナスル(8163m)の頂上手前のコブを「認定ピーク」として「荒天時にはここが山頂と認定される」と主張したように、一般的には、4つ(吉田、須走、御殿場、富士宮)のルートのゴールまで到着すれば「富士山に登った」と主張して差し支えないようなのですが、せっかくなので。

※詳しくは「マナスル 認定ピークで検索を。

IMG_0607 IMG_0608

ガスで100m先も見えません。滑落しないよう、慎重に進みます。

IMG_0610

富士宮ルートのゴールでもある浅間大社です。

IMG_0611

富士測候所に着きました。ここが剣が峰です。

IMG_0614

日本最高地点の標識です。やった!

富士山に登ったからと言って、それほどの勲章になるでもなし。

お金が貰えるわけでもなし。

それでも、自分の足で日本最高の山に登り、山頂を踏むという事にはなにがしかの意味があります。

その意味は、登った人それぞれが感じるものなのでしょう。

うまく言葉で言い表すことはできませんが…

とにかく、私にとっては実に満足な富士登山でした。

IMG_0616

ガスの中下山します。家に帰るまでが登山!

途中で道端にぐったりと横たわる人を多く目にしましたが、登山時と同じく、私自身もヘロヘロなのでどうすることも…

いちいち「大丈夫ですか?」と声をかけるとキリがないレベルで大勢いました。

 

IMG_0621

スタート地点に帰ってきました。顔にも疲労が色濃く出ています。目も出発時よりかなりタレ目になっているような気が…

IMG_5238 IMG_5239

ともかく、1泊2日の富士登山。ちょっと疲れましたが、実に楽しかったです。

富士山に登って満足し、登山は打ち止めにするつもりだったのですが、翌週にもう一度登り、さらに日本アルプスやら冬山やらやって今に至ります。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter