歯周病は「治る」のか?ワコ歯科の見解 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 041号2016/01/22 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

歯周病は「治る」のか?ワコ歯科の見解 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 041号2016/01/22

歯周病は「治る」のか?ワコ歯科の見解 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 041号2016/01/22

スライド41

 

歯周病は、プラーク(細菌)が最も大きな原因ですが、お口の中の細菌を全滅させることが不可能な以上、
「治る」ことは無い、と考えています。

可能なことは「悪くならないようにコントロールする」くらいです。

歯周病はred complexと呼ばれる3種類の細菌が大きな役割を果たしていると考えられています。

お口の中には、500種類以上の細菌が存在します。

細菌を全滅させることは不可能です。

歯周病のコントロールは、フロス、歯間ブラシ、音波歯ブラシにより、歯肉縁下プラークを可能な範囲で毎日除去することが必要です。

歯ブラシ(だけ)では激ムズ!

ワコ歯科・矯正歯科クリニックでは、歯周病は「治りません。糖尿病や肥満が、一度良くなっても油断したら再発することと同じです。」とお話ししています。

(正確には違いますが、わかりやすい表現ということで…)

現在、歯周病はお口の中のいくつかのプラーク(細菌)が悪さをしていることが原因と言われていますが、人間が生きている以上、お口の中のプラークを完全になくすことは不可能です。

(口が外に向かって開いていることと、食べかす、唾液やその他体液はプラークにとって栄養満点だからです)

可能なことは

セルフケア:歯肉炎上、歯肉縁下(2ミリ程度の深さ)のプラークをフロス、歯間ブラシ、音波歯ブラシで可能な限り毎日除去し、プラークをなるべく貯めないようにする。

プロフェッショナルケア:患者さん自身でどーしても届かない部分や、歯肉縁下(2ミリ以上の深さ)のプラークをパウダーや専門の道具で除去する。

上記のセルフケアとプロフェッショナルケアを、その患者さんの歯周病の状態やリスクに応じて継続し、グラグラとか歯が抜けるとか、血が出るとか、匂うとかの「困った状態」にまで至らないようにするくらいが、実現可能な範囲ではないか、と思います。

それらを継続しても、どーしてもよくならない場合に、深い部分の歯石を取る、あるいは手術という踏み込んだ処置を行う場合もあります。

そのような処置を行っても、セルフケアがよくないとまた悪くなるので、セルフケアが良好なことが処置の前提です。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter