歯石は定期的に取りましょう 本当に? 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 047号2016/01/29 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

歯石は定期的に取りましょう 本当に? 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 047号2016/01/29

歯石は定期的に取りましょう 本当に? 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 047号2016/01/29

スライド47

 

歯石がつかないようなセルフケア(フロス、歯間ブラシ、音波歯ブラシ)>>>>越えられない壁>定期的に歯石を取る(だけ)

歯石がつく→落とすを頻繁に繰り返すより…フロス、歯間ブラシ、音波歯ブラシ等で「歯石をつけないセルフケア」を行うほうが、より重要です。

歯石は歯周病の原因そのものではありません。

プラーク(細菌)が溜まるから歯周病になり、放置されたプラークがカチカチになったものが歯石です。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックでは「定期的に歯石を取って歯周病予防」という考え方は『していません』

理由は

・歯周病の原因は、プラーク(細菌)であること。

・歯石は、プラーク(細菌)が放置された結果唾液(あるいは、歯周ポケットから染み出る体液)中のカルシウムと結びついた結果であって、歯周病の原因そのものではない。

・つまり、歯周病のコントロールは「毎日のセルフケアによるプラークコントロール」が最も重要であり、たまーに歯石を取ったとしても、普段のプラークコントロールが悪いと、歯周病のコントロールはすごーく難しい。

・歯科医院で、患者さんでは届かない部分のプラークを定期的に取ることは、ある程度の効果はあるようだが、セルフケアの代わりになるものではない。

・また、歯石を(プラークコントロール無しに)ルーチンの作業としてガリガリ取っていると、歯が削れる(こともある)。

といった事柄です。

歯石があまりに一杯ついていて、セルフケアによるプラークコントロールの邪魔になるようなら最初に取ることもありますが、原則は「セルフケア指導→腫れていた歯肉が引き締まって、歯石が見えやすくなる→取る→つかないようなセルフケア指導」です。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter