虫歯がすごく深い時になるべく神経を残す方法 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 104号2016/04/14 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

虫歯がすごく深い時になるべく神経を残す方法 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 104号2016/04/14

虫歯がすごく深い時になるべく神経を残す方法 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 104号2016/04/14

スライド104

 

虫歯を削った結果、神経ギリギリorほんのチョット神経が出たくらいであれば、神経を保護するお薬+神経にカベ
(二次象牙質)ができるまで2カ月程度仮フタをして待つことで、神経を取らずに済む、ことがあります。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックでは

「虫歯が深く、神経ギリギリまで進行していた」

「虫歯を除去したら、神経まで到達した(しそう)」

場合でも、なるべく神経を残すようにしています。

神経を保護するお薬+フッ素入りセメントで仮蓋をして、2カ月間二次象牙質(歯の中の壁)が形成されるのを待ちます。

痛みが出なければ、2か月後に再度削り、詰め物等を作ります。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter