多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由(院長 長崎) | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由(院長 長崎)

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

>多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由

患者さんの多くは痛い、何か気になるという箇所があるから歯科医院に来院するわけですが

痛い、気になる以外の痛くもない、困ってもいない箇所を『治療の必要があります』と『説得されて』『治療させられる』しかも、『保険ではすぐダメになるから自費で』と言われて不愉快になったから歯医者にはなるべく行きたくない、という意見を多く聞きます。

つまり、歯科医師は儲けるために不要な治療を勧めている!と。

これはなかなか難しい問題です。

99%の歯科医師は自分の知識、技術、良心に基づき、その患者さんにとって最善と思われる治療を提案します。

痛みがある場合は患者さんも「この痛みから開放される為には、仕方ないか」と、大体は治療(削ったり、切ったり、抜いたり)を受け入れて頂けますが、問題は「患者さんは困ってないが、医学的に見て問題があり、治療の必要性がある」場合です。

歯周病や、神経を取った歯の虫歯、神経を取った歯の根に膿が溜まっているような場合、歯並びなどは「患者さんが困っていなくても、今後問題が起きる可能性が高ければ、治療の必要がある」のです。

ただ、今現在困っていないのに「治療の必要があります。」という事を受け入れられない人もいます。

全く困ってない口の中を、余計なことをして欲しくないのです。

更に、治療はある程度のリスクを伴いますし、金銭的な負担もあります。

保険ではなく自費治療であれば、更に金銭的な負担は跳ね上がります。

何度も通わなければならないという面倒くささもあります。

これらが、多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由の一つでしょう。

私はかつて、こーゆう「患者さんは困っていないけど、医学的には治療が必要な状況」であれば、患者さんにその旨を説明した上で、治療を受けるよう「説得」していました。

痛くなくても、困って無くても治療する必要があるから、やんないとダメなんだよ!と。

お口の写真やレントゲンを取り、状況や治療の必要性、治療を受けない場合のリスク諸々を説明すると、まあ大体の患者さんは治療に同意して頂けました。

で、完璧を求めて治療を開始し、詰め物や被せものは保険ではなく自費を勧め、歯が抜けた部分に関しては保険の入ればやブリッジではなく自費のインプラントを勧め、大体の患者さんに自費を選択して頂いていました。

削って詰める、抜いてインプラントの治療を行うことで、患者さんのお口が完璧…とまでは行かなくても、それなりに良い状態になることは歯科医師としてやりがいのあることでしたし、患者さんにも喜んで頂き、保険では無く自費を選択して頂けることでそれなりの収入もありました。

ただ、多くの方が治療後しばらく経つとやれあそこが痛い、詰め物が取れたと言ってまた治療になる事に気が付いた時、自分のやっていることに疑問を持ったわけです。

そもそも、何がしかの原因があって虫歯なり歯周病になって、治療が必要になっているのです。

虫歯の治療は、いわば人体に空いた穴を人工物で詰める作業です。

(歯周病はまた別ですが、その話はまたの機会に)

原因があって虫歯になったところに、保険であれ自費であれ人工物を詰めたとしても、その原因が改善されなければ、同じ理由で詰めたものは駄目になりますし、他の歯が虫歯になってくるのではないか?と。

人工物の精度や耐久性は自費>保険なので、詰め物を保険ではなく自費を選んで頂くことで、多少は長持ちするかもしれませんが、自費の詰めの精度が高いと言っても、継ぎ目のない天然歯には敵いません。

治療の精度や質に拘るよりも、そもそも、虫歯になった原因を改善する方が先ではないか?

初期虫歯や小さな虫歯であれば、虫歯になった原因を改善することで進行を止めれば、そもそも削る必要もないのではないか、と。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックを開業する際、虫歯を削って詰める事ではなく「そもそも、虫歯にしないための原因を取り除くこと」「仮に虫歯になったとしても、小さいうちであればまず進行を止めることを試み、止まれば削らず、どーしても進行してしまった時だけ削る」事をモットーとしました。

開業して3年経過しましたが、やっている事自体には自信を持っています。

実際、初期虫歯やごく小さな虫歯であれば、原因を取り除くことで8割方は進行が止まり、削る必要がなくなります。

どーしても削って詰める必要がある場合でも、虫歯になった原因を取り除き、セルフケアや生活習慣を改善して頂くことで、再発や新たな虫歯が発生する割合は著しく減りました。

同時に、収入も激減しました…

かつてはガンガン削ってガンガン詰め、それも保険ではなくなるべく自費の詰め物、入れ歯ではなくインプラントにしていた「収入源」を、なるべく削らないようにしているので当然です…

儲けるにはどうするか?

進行抑制が可能な小さな虫歯でも容赦なく削り、保険ではなく自費を勧めれば良いことはわかっています。かつてはそうやって稼いでいましたので…

ただ、なるべくなら削らず、患者さん自身の歯を守りたいのです…

>多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由

患者さんの多くは痛い、何か気になるという箇所があるから歯科医院に来院するわけですが

痛い、気になる以外の痛くもない、困ってもいない箇所を『治療の必要があります』と『説得されて』『治療させられる』しかも、『保険ではすぐダメになるから自費で』と言われて不愉快になったから歯医者にはなるべく行きたくない、という意見を多く聞きます。

つまり、歯科医師は儲けるために不要な治療を勧めている!と。

これはなかなか難しい問題です。

99%の歯科医師は自分の知識、技術、良心に基づき、その患者さんにとって最善と思われる治療を提案します。

痛みがある場合は患者さんも「この痛みから開放される為には、仕方ないか」と、大体は治療(削ったり、切ったり、抜いたり)を受け入れて頂けますが、問題は「患者さんは困ってないが、医学的に見て問題があり、治療の必要性がある」場合です。

歯周病や、神経を取った歯の虫歯、神経を取った歯の根に膿が溜まっているような場合、歯並びなどは「患者さんが困っていなくても、今後問題が起きる可能性が高ければ、治療の必要がある」のです。

ただ、今現在困っていないのに「治療の必要があります。」という事を受け入れられない人もいます。

全く困ってない口の中を、余計なことをして欲しくないのです。

更に、治療はある程度のリスクを伴いますし、金銭的な負担もあります。

保険ではなく自費治療であれば、更に金銭的な負担は跳ね上がります。

何度も通わなければならないという面倒くささもあります。

これらが、多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由の一つでしょう。

私はかつて、こーゆう「患者さんは困っていないけど、医学的には治療が必要な状況」であれば、患者さんにその旨を説明した上で、治療を受けるよう「説得」していました。

痛くなくても、困って無くても治療する必要があるから、やんないとダメなんだよ!と。

お口の写真やレントゲンを取り、状況や治療の必要性、治療を受けない場合のリスク諸々を説明すると、まあ大体の患者さんは治療に同意して頂けました。

で、完璧を求めて治療を開始し、詰め物や被せものは保険ではなく自費を勧め、歯が抜けた部分に関しては保険の入ればやブリッジではなく自費のインプラントを勧め、大体の患者さんに自費を選択して頂いていました。

削って詰める、抜いてインプラントの治療を行うことで、患者さんのお口が完璧…とまでは行かなくても、それなりに良い状態になることは歯科医師としてやりがいのあることでしたし、患者さんにも喜んで頂き、保険では無く自費を選択して頂けることでそれなりの収入もありました。

ただ、多くの方が治療後しばらく経つとやれあそこが痛い、詰め物が取れたと言ってまた治療になる事に気が付いた時、自分のやっていることに疑問を持ったわけです。

そもそも、何がしかの原因があって虫歯なり歯周病になって、治療が必要になっているのです。

虫歯の治療は、いわば人体に空いた穴を人工物で詰める作業です。

(歯周病はまた別ですが、その話はまたの機会に)

原因があって虫歯になったところに、保険であれ自費であれ人工物を詰めたとしても、その原因が改善されなければ、同じ理由で詰めたものは駄目になりますし、他の歯が虫歯になってくるのではないか?と。

人工物の精度や耐久性は自費>保険なので、詰め物を保険ではなく自費を選んで頂くことで、多少は長持ちするかもしれませんが、自費の詰めの精度が高いと言っても、継ぎ目のない天然歯には敵いません。

治療の精度や質に拘るよりも、そもそも、虫歯になった原因を改善する方が先ではないか?

初期虫歯や小さな虫歯であれば、虫歯になった原因を改善することで進行を止めれば、そもそも削る必要もないのではないか、と。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックを開業する際、虫歯を削って詰める事ではなく「そもそも、虫歯にしないための原因を取り除くこと」「仮に虫歯になったとしても、小さいうちであればまず進行を止めることを試み、止まれば削らず、どーしても進行してしまった時だけ削る」事をモットーとしました。

開業して3年経過しましたが、やっている事自体には自信を持っています。

実際、初期虫歯やごく小さな虫歯であれば、原因を取り除くことで8割方は進行が止まり、削る必要がなくなります。

どーしても削って詰める必要がある場合でも、虫歯になった原因を取り除き、セルフケアや生活習慣を改善して頂くことで、再発や新たな虫歯が発生する割合は著しく減りました。

同時に、収入も激減しました…

かつてはガンガン削ってガンガン詰め、それも保険ではなくなるべく自費の詰め物、入れ歯ではなくインプラントにしていた「収入源」を、なるべく削らないようにしているので当然です…

儲けるにはどうするか?

進行抑制が可能な小さな虫歯でも容赦なく削り、保険ではなく自費を勧めれば良いことはわかっています。かつてはそうやって稼いでいましたので…

ただ、なるべくなら削らず、患者さん自身の歯を守りたいのです…

患者さんの多くは痛い、何か気になるという箇所があるから歯科医院に来院するわけですが

痛い、気になる以外の痛くもない、困ってもいない箇所を『治療の必要があります』と『説得されて』『治療させられる』しかも、『保険ではすぐダメになるから自費で』と言われて不愉快になったから歯医者にはなるべく行きたくない、という意見を多く聞きます。

つまり、歯科医師は儲けるために不要な治療を勧めている!と。

これはなかなか難しい問題です。

99%の歯科医師は自分の知識、技術、良心に基づき、その患者さんにとって最善と思われる治療を提案します。

痛みがある場合は患者さんも「この痛みから開放される為には、仕方ないか」と、大体は治療(削ったり、切ったり、抜いたり)を受け入れて頂けますが、問題は「患者さんは困ってないが、医学的に見て問題があり、治療の必要性がある」場合です。

歯周病や、神経を取った歯の虫歯、神経を取った歯の根に膿が溜まっているような場合、歯並びなどは「患者さんが困っていなくても、今後問題が起きる可能性が高ければ、治療の必要がある」のです。

ただ、今現在困っていないのに「治療の必要があります。」という事を受け入れられない人もいます。

全く困ってない口の中を、余計なことをして欲しくないのです。

更に、治療はある程度のリスクを伴いますし、金銭的な負担もあります。

保険ではなく自費治療であれば、更に金銭的な負担は跳ね上がります。

何度も通わなければならないという面倒くささもあります。

これらが、多くの人が「気にはなるんだけど」と言いつつ歯科医院に行かない理由の一つでしょう。

私はかつて、こーゆう「患者さんは困っていないけど、医学的には治療が必要な状況」であれば、患者さんにその旨を説明した上で、治療を受けるよう「説得」していました。

痛くなくても、困って無くても治療する必要があるから、やんないとダメなんだよ!と。

お口の写真やレントゲンを取り、状況や治療の必要性、治療を受けない場合のリスク諸々を説明すると、まあ大体の患者さんは治療に同意して頂けました。

で、完璧を求めて治療を開始し、詰め物や被せものは保険ではなく自費を勧め、歯が抜けた部分に関しては保険の入ればやブリッジではなく自費のインプラントを勧め、大体の患者さんに自費を選択して頂いていました。

削って詰める、抜いてインプラントの治療を行うことで、患者さんのお口が完璧…とまでは行かなくても、それなりに良い状態になることは歯科医師としてやりがいのあることでしたし、患者さんにも喜んで頂き、保険では無く自費を選択して頂けることでそれなりの収入もありました。

ただ、多くの方が治療後しばらく経つとやれあそこが痛い、詰め物が取れたと言ってまた治療になる事に気が付いた時、自分のやっていることに疑問を持ったわけです。

そもそも、何がしかの原因があって虫歯なり歯周病になって、治療が必要になっているのです。

虫歯の治療は、いわば人体に空いた穴を人工物で詰める作業です。

(歯周病はまた別ですが、その話はまたの機会に)

原因があって虫歯になったところに、保険であれ自費であれ人工物を詰めたとしても、その原因が改善されなければ、同じ理由で詰めたものは駄目になりますし、他の歯が虫歯になってくるのではないか?と。

人工物の精度や耐久性は自費>保険なので、詰め物を保険ではなく自費を選んで頂くことで、多少は長持ちするかもしれませんが、自費の詰めの精度が高いと言っても、継ぎ目のない天然歯には敵いません。

治療の精度や質に拘るよりも、そもそも、虫歯になった原因を改善する方が先ではないか?

初期虫歯や小さな虫歯であれば、虫歯になった原因を改善することで進行を止めれば、そもそも削る必要もないのではないか、と。

ワコ歯科・矯正歯科クリニックを開業する際、虫歯を削って詰める事ではなく「そもそも、虫歯にしないための原因を取り除くこと」「仮に虫歯になったとしても、小さいうちであればまず進行を止めることを試み、止まれば削らず、どーしても進行してしまった時だけ削る」事をモットーとしました。

開業して3年経過しましたが、やっている事自体には自信を持っています。

実際、初期虫歯やごく小さな虫歯であれば、原因を取り除くことで8割方は進行が止まり、削る必要がなくなります。

どーしても削って詰める必要がある場合でも、虫歯になった原因を取り除き、セルフケアや生活習慣を改善して頂くことで、再発や新たな虫歯が発生する割合は著しく減りました。

同時に、収入も激減しました…

かつてはガンガン削ってガンガン詰め、それも保険ではなくなるべく自費の詰め物、入れ歯ではなくインプラントにしていた「収入源」を、なるべく削らないようにしているので当然です…

儲けるにはどうするか?

進行抑制が可能な小さな虫歯でも容赦なく削り、保険ではなく自費を勧めれば良いことはわかっています。かつてはそうやって稼いでいましたので…

ただ、なるべくなら削らず、患者さん自身の歯を守りたいのです…

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter