歯の破折(割れること) 50代男性(2014-0830)の例 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

歯の破折(割れること) 50代男性(2014-0830)の例

南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

写真

歯の破折(割れること) 50代男性(2014-0830)の例です。

前歯から膿がでるということで来院されました。

写真 1 写真 2 写真 3 (1)

 

写真 写真 3 (2)

写真の黄色い丸の部分から、膿が出ています。

写真の青い丸の部分が、歯が割れている部分です。

神経を抜いた歯には、通常コアという補強材を入れるのですが、コアを入れた部分から歯が割れ、割れた部分にバイキンが入り込んで膿んでいます。

 

写真 1 (2) 写真 2 (2)

また、全体的に歯周病が進んでおり、赤丸の部分には歯肉縁下歯石(歯肉に隠れた部分についた歯石)が多量についています。

写真 1 (1) 写真 2 (1) 写真 3 写真 4

 

本来、割れた歯は基本的には抜歯になるのですが「いや先生、そこをなんとか」と、抜かないで欲しいという強い希望がありました。

・割れた歯をそのままにしていると、集まったバイキンが原因で歯周病が進む(周囲の骨が溶ける)リスクがある。

・音波歯ブラシ、歯間ブラシでとにかくプラーク(バイキン)を毎日キレイに落とすこと。

・痛みが出たり、大きく揺れてきたら観念して抜くこと。

とお話して、毎月お掃除+チェックに通ってもらっています。

理想的な治療としては、抜いてインプラントまたはブリッジですが、本人が困っていない+そのままにしておくリスクを了解しているのであれば「なにもしない」ことも、選択肢としてアリだと考えています。

 

医療従事者側から見る理想的な治療と、患者さんの希望が食い違う場合、起こりうる可能性を説明した上で、なるべく患者さんの希望に沿うようにしています。

 

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter