虫歯が深い場合、なるべく神経を取らないですむ(かもしれない)方法 (50代女性 2014-0909) | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

虫歯が深い場合、なるべく神経を取らないですむ(かもしれない)方法 (50代女性 2014-0909)

南武線平間駅徒歩1分。ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

写真1

虫歯が深い場合、なるべく神経を取らないですむ(かもしれない)方法 (50代女性 2014-0909)の例です。

01 02 03 04

05 06 07 08

青丸の部分が、虫歯です。

見た目とレントゲンですごく虫歯が深く、いっぺんに除去すると露髄(歯の神経に到達する穴があくこと)しそうだったので、暫間的間接覆髄法という方法を取りました。

暫間的間接覆髄法とは?

1.虫歯を全部取ると神経まで到達しそうな時、ある程度まで虫歯を取った後、神経の中に壁を造ることを促すお薬を虫歯の部分に塗り、仮封をします。

2.3ヶ月くらいほっておき、神経の中に壁ができるのを待つ。

3.再度虫歯を取る。神経の中に(うまくいけば)壁ができているので、虫歯を全部除去しても(うまくいけば)神経が露出しない。

というものです。

 

3ヶ月位待たなければならないことと、途中で痛みが出るリスクがあることが欠点ですが、なるべく神経を取りたくないのでこーゆうことをやっています。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter