虫歯を早期発見早期治療…ではなく、進行抑制という選択肢(院長 長崎) | 夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

虫歯を早期発見早期治療…ではなく、進行抑制という選択肢(院長 長崎)

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

丸印は、虫歯のなりかけ又は銀歯と歯の境目の段差です。

 

歯科医師によっては(早期発見早期治療!)を大義名分に、すぐ削って詰める先生もいるでしょう。
ただ(3年間レントゲンで状況が変わっていない=進行が止まっている)としたら、話は変わってきます。

早期発見早期治療を全否定するわけでは無いですが、レントゲンでわず中問題点があったとしても(見た目で穴が開いていない)(症状がない)歯を、いきなり削ることにどこまで意味があるか?と思うのです。

私は上記のような場合には「説明」「口腔内写真12枚、デンタルレントゲン10枚撮影して記録を取る」「唾液検査、染め出し等でその患者さんの虫歯リスクを把握」「フッ素うがい、高濃度フッ化物配合歯磨剤、フロス等で虫歯リスクの軽減」「定期的な口腔内写真、レントゲンで進行を確認」します。

そのうえで、虫歯が明らかに進行したり、痛み等の症状が出たら削ります。
しかし、口腔内写真やレントゲンでも進行が見られず、症状もでなければ、虫歯の進行が(今の所)止まっているものとしてなるべく削らないようにしています。

参考までに、同じ箇所の口腔内写真です。こちらは2年間の経過ですが、見た目にはほぼ変わっていません。

 

これらの経過を踏まえると、果たしてこの場合には(早期発見早期治療)を大義名分に最初に削る事は患者さんの利益になっていたでしょうか?

全ての症例で、このように虫歯の進行抑制がうまくいくわけではありませんが(見た目に穴が開いてない)(症状がない)(患者さんが気づいてもいない、困ってもいない)ごく小さな虫歯を早期に削ることが(歯医者に行くと削られる)と、歯医者さんに行かない理由になっているのでは?と思うのです。

初期虫歯やごく小さな虫歯を見つけたら(削りたいですか?それともフッ素うがいや高濃度フッ化物配合歯磨剤を頑張って、定期的に歯科医院でチェックと補助的なお掃除、フッ素塗布を受けて進行抑制をしたいですか?)と、患者さんに選択してもらうようにしています。

9割の患者さんは(なるべく削りたくないから、フッ素うがい諸々で虫歯の進行抑制を頑張って、定期検診で進行してないかチェック)を選択します。

削って詰めるだけだと、それっきり来なくなりますが、これならずっと通ってくれます。歯科医院としても固定客が得られる良い方法だと思っています。

削って詰める。それも保険の銀歯ではなく自費のセラミックで詰めて、かつ定期健診を勧めることが(歯科医院側の)儲けを最大化する方法かもしれませんが、削らずに済むならその方が患者さんにとってはメリットがあるのではないでしょうか。

フッ素うがい諸々で初期虫歯、小さな虫歯の進行抑制を行えば、結果としてお口全体の虫歯リスクも下がります。
いい方法だと思うのですが、どうも同じようにしている歯科医院はすごーく少数派のようです。
理由はわかりませんが(^◇^;)

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter