なぜ、フッ化物洗口(フッ素うがい)を指導しない歯科医院が大半なのか?(院長 長崎) | 夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

なぜ、フッ化物洗口(フッ素うがい)を指導しない歯科医院が大半なのか?(院長 長崎)

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

自費の歯科医院で、フッ化物(フッ素)を指導しているORサイトに書いている所が以上に少ない件。

虫歯予防+進行抑制で異常にコスパの良いフッ化物を、患者さんに知られたくないのか?
言っちゃあかんことかしら。。。

フッ化物で始める虫歯予防(医歯薬出版)の資料では、虫歯予防効果は
フッ化物洗口:50~80%
フッ化物歯面塗布:30~40%
と、歯科医院でフッ素を塗るよりもフッ化物洗口の方が2倍程度高いのです。

私は虫歯リスクのある患者さんにフッ素うがいを指導していますが…凄い少数派ですね…

 

先日来院した患者さん。

 

前医に「フッ素の使い方の指導を頼み申す!」とお願いしたところ「フッ素は甘え。フッ(素人はわかっちゃいないな、という鼻で笑う音)」とあしらわれたとのこと…

うーん、その歯科医師、大学で何を勉強してきたのかしら…

フッ素さえ使えば虫歯にならない!わけではないですが、実際に新潟県をはじめとして学校でフッ化物洗口(フッ素うがい)を実行している県が、軒並み虫歯を減らしている実績を考えると、歯科医院でフッ素うがいを「指導しない理由が見当たらない」のですが…

新潟県民は虫歯知らず! 日本一歯が健康な県である理由とは?

陰謀論的な言い方をすると

「歯科医院でフッ化物洗口を指導すると、虫歯が減る。歯科医師は患者さんに知恵をつけたくない、虫歯を減らしたくないからあえてフッ化物洗口を指導しない」

んじゃないかな…と疑いたくなるのです…

虫歯予防にフッ化物洗口(フッ素うがい)を始めたい方は、お近くの歯科医院にお問い合わせください。

ただ、まれに反フッ素のヘナチン歯科医師(おっと、失礼!)がおりますので、まず電話で「フッ素うがい扱っていますか?」とお問い合わせをすることをおすすめします。

また、歯科医師が自費の詰め物、かぶせものの説明をする際に必ず言う「保険の詰め物は精度が悪いからすぐ虫歯になる!自費のセラミックなら虫歯にならない!」という決り文句にも、私は疑問を持っています。

フッ素うがいや高濃度フッ化物配合歯磨剤の日常的な利用、つまりセルフケア関係ないの?と。

精度の点では自費のセラミック>(越えられない壁)>保険の銀歯、である事は間違いありません。 しかし、精度が高いから虫歯にならない!とだけ強調し、最もコスパの良い虫歯予防法であるフッ素うがい、高濃度フッ化物配合歯磨剤を指導しないというのは誠実ではない態度だと思うのですが…私だけ?

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter