セカンドオピニオン希望の患者さん(院長 長崎) | 夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

夜21時迄平間駅徒歩30秒ワコ歯科・矯正歯科|川崎中原区

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

セカンドオピニオン希望の患者さん(院長 長崎)

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

 

セカンドオピニオン希望の患者さん。

他院で「どう見ても削る必要のない初期虫歯」+ 「全く問題なく機能している銀歯」を全部削ってセラミックにしなければ大変なことに!つきましては見積もりは○十万円!と脅されて来院。 毎月2~3人はこのパターン。極力削らない、私の方がおかしいのかしら?

ごくたまーに「なんでこんなになるまで放っておいたんだ!」という、歯科健診にちゃんと通っていれば早期発見できたのに…という患者さんもいなくはないが「なんでこのレベルの初期ORごく小さな虫歯を削るって言っちゃうの?」という「過剰な介入」のケースが遥かに多い。

削る基準、あるいは「コレくらいの虫歯だったら削らないでも良い可能性が高いよ」という明確なものを業界?で基準を作ればいいのだろうけど「削る基準」自体が業界内でも統一されていないのでね…

 

虫歯であっても、フッ素うがいや高濃度フッ化物配合歯磨剤、その他セルフケアや生活習慣によっては進行が止まる…事もある、ということを歯科業界はちゃんと一般向けに情報提供すべきでは?

それとも言えない理由があるのかしら?

私は虫歯を見つけた場合

1水でしみる→応急処置(フッ素入りセメントを詰める)

2穴はあるが症状なしOR初期虫歯ORごく小さい→口腔内写真12枚、デンタルレントゲン10枚撮影し、説明。

当日に削ることは殆どありません。

1,2のどちらにも、まず「人はなぜ虫歯になるのか」という教育後「あなたはなぜ虫歯になり、今後どうすれば虫歯リスクを下げられるか」という指導。

1は教育と指導後に治療。

2はフッ素うがい、高濃度フッ化物等のセルフケアにより進行抑制を行い、3~6ヶ月後に進行を確認、止まればなるべく削りません

初期虫歯、ごく小さい虫歯はフッ素うがい、高濃度フッ化物配合歯磨剤等のセルフケアを適切に行えば結構止まってくれますし、残念ながら止まらず進行した場合でも、患者さんは「やるだけのことはやったのだから」と、治療を受け入れてくれることが多いです。

全く自覚症状のない虫歯をいきなり削ろうとする、それも高額な自費治療を勧めたりすれば、そりゃあ逃げ出したくもなるでしょう…

しかし、このパターンの患者さんが後を断たないということは「このパターンでがっぽり稼いでいる歯科医師」が結構な数いるということなのか…深く考えたくないなあ…

私も虫歯を削ることはありますが、「なぜ人は虫歯になるのかという教育」「貴方はなぜ虫歯になり、今後どうすれば虫歯のリスクを減らせるかという指導」を行ってからでなければ治療を始めません。

患者さんが虫歯になった理由であるセルフケアや生活習慣が同じなら、必ず同じ理由で再発するからです。

セルフケアや生活習慣の指導も、歯科衛生士、歯科医師の教科書に載っていること、つまり「充分なエビデンスがあり、歯科医師、歯科衛生士なら誰でも知っている事」を行っています。

特別な事はしていない…筈です。

しかし、来院する患者さんに「これまで、歯科医院で虫歯予防の為のセルフケアや生活習慣の指導を受けたことはありますか?」と聞いても、9割の患者さんが「ありません」と答えます…

指導を受けたけど忘れているのか、ほんとに指導を受けていないのか…

私は虫歯予防には毎日のフッ素うがい、高濃度フッ化物配合歯磨剤が必須と考えて指導しています。

そのあたりは「フッ素は甘え」という流派の方もいるので「個々の歯科医師が正しいと考える指導」で良いと思いますが「指導すらやらない」のはさすがにアカンと思うのです…

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter