位相差顕微鏡で動くプラークを見てみよう 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 015号2015/12/11 | 川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

川崎市中原区の歯科・歯医者|ワコ歯科・矯正歯科クリニック

Webからも予約できます。


神奈川県川崎市中原区北谷町9 長谷川ビル1F

位相差顕微鏡で動くプラークを見てみよう 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 015号2015/12/11

位相差顕微鏡で動くプラークを見てみよう 川崎・平間のワコ歯科・矯正歯科 予防歯科通信 015号2015/12/11

スライド15

 

歯ブラシでは取れない歯と歯の間にプラーク(バイキン)が動いています…

お口の中には、虫歯菌、歯周病菌を始めとした500種類以上の細菌がいます。

位相差顕微鏡により、あなた自身のプラーク(バイキン)を3000倍に拡大し、実際に動いている様子を見ることが出来ます。

※位相差顕微鏡では、バイキンが多い、少ないというのは診断することはできません。

プラークを採取する部位や、プレパラートの操作によって、いくらでも調整できるからです。

あくまでも、虫歯や歯周病はプラークによる感染症であることを理解して頂くという教育目的です。抗生物質の投与による歯周病のコントロールは行っていません。

虫歯、歯周病のリスクを減らすプラークコントロールは、フロス、歯間ブラシ、音波歯ブラシ等の歯ブラシ以外の道具によって物理的にプラークをこそげ落とすことです。

第二に、どーしても自分で落とせない部分についたプラークを、歯科医院で定期的に落とすことです。

時間/曜日
10:00-13:00 × ×
15:00-21:00 × ×

休診日:水曜・日曜・祝日

医院に電話予約する
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科facebook
平間駅 ワコ歯科・矯正歯科twitter